2013年07月03日

村上安吉A

村上 安吉(1880〜1944)
http://adb.anu.edu.au/biography/murakami-yasukichi-11201
文責 D.C.S.シソンズ
http://adb.anu.edu.au/biographies/author/?author=3411 

オーストラリアン・ディクショナリー・オブ・バイオグラフィー
(オーストラリアの歴史的人物辞典)より
http://adb.anu.edu.au/about-us/

murakami.jpg
※ この記事は、
http://kusimotorukaruka.seesaa.net/article/367804685.html
の、日本語翻訳、後半です。


1918年4月に、村上は破産宣告を受けた。妻は、2か月早く、彼の元を離れていた。500ポンドに達していた帳簿上の借金を先にかき集め、持ち去ったのである。えきは、その年の12月、日本で亡くなっている。1920年2月3日、彼はテレサ・シゲノ・ムラタとの結婚(故:1981)を、ブルームの地区登記所に届け出ている。当時、シゲノは23歳。日本人の親が、オーストラリアで生んだ娘である。グレゴリーは、真珠採取業を始めるために、村上から財政援助を受けたと、見られている。村上のおかげで、グレゴリーは、優秀な日本人ダイバーと真珠船の乗組員を確保した。1921年、グレゴリーは、養殖真珠を生産するため、村上と合弁事業を始めた。天然真珠の価格が下がるのを恐れた、西オーストラリアの真珠業者の協会は、計画の中止を州政府に申し入れた。

村上は、かなりのコストをかけ、潜水服をデザインし特許権をとった(1926)。 浮力を抑え、従来のタイプより軽くなったスーツで、ダイバーはより活動しやすくなるものだった。しかしそれは、商業的成功には結びつかなかった。1936年、グレゴリーは村上と家族が、ダーウィンへ引っ越すのを手助けした。その町で、村上は、カメラマンとしてビジネスを成功させた。1939年8月30日、村上はオーストラリアに帰化しようと申請を試みた。しかし、『アジア人他、有色人をオーストラリアに帰化させないことは、政府の方針である』とされ、受け付けられなかった。

1941年、日本が、第二次世界大戦に突入、村上とその家族は、他の日本人コミュニティの人たちとともに(民間人捕虜として)抑留された。1944年6月26日、村上はタツーラ捕虜収容所(ビクトリア州)で、心臓病のため亡くなり、カトリック儀式で現地の墓地に葬られた。妻と9人の子供(息子6人、娘3人)が残された。村上の遺骨は、のちに、カウラ(ニューサウスウェールズ州)の日本人墓地に移された。



※ 1897年(明治30年)、今から110年以上前、和歌山県田並(串本町)から海を超え、オーストラリアで生涯を送った村上安吉は、現在、オーストラリア南東部、ダーウィンから車でおよそ4時間ほどの、カウラ日本人墓地に眠っている。

※ 翻訳には、オーストラリア在住フォトジャーナリスト 金森マユが、協力してくれました。ありがとう!!
http://mayu.com.au/%e9%87%91%e6%a3%ae%e3%83%9e%e3%83%a6/
posted by 南 瑠霞 at 13:48| 和歌山 ☁ | TrackBack(0) | オーストラリアの日系人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

村上安吉@

村上 安吉(1880〜1944)
http://adb.anu.edu.au/biography/murakami-yasukichi-11201
文責 D.C.S.シソンズ
http://adb.anu.edu.au/biographies/author/?author=3411 

オーストラリアン・ディクショナリー・オブ・バイオグラフィー
(オーストラリアの歴史的人物辞典)より
http://adb.anu.edu.au/about-us/

murakami.jpg
※ この記事は、
http://kusimotorukaruka.seesaa.net/article/367804685.html
の、日本語翻訳、前半です。


村上安吉(1880-1944)/ 撮影者不明

村上安吉(1880-1944)。日本人の商店主。1880年、日本の和歌山県、田並(現在の串本町)で生まれた。村上重兵衛と妻やすの次男である。16歳の時、安吉は、和歌山県出身の若者たちに加わり、オーストラリアにある真珠産業の町へ向かった。1897年8月、サラディン号という船に乗って、西オーストラリアのコサックに到着した。当時、オーストラリアには、同胞の日本人がおよそ3000人いた。彼は、馬車で、水を運ぶ仕事についた。しかしすぐに、西岡高蔵が所有する日本の商店に、正式に雇われ、1900年、ブルームに引っ越した。

1901年、西岡が亡くなり、会社はその妻、えきに引き継がれた。安吉は、1906年5月11日、えきと結婚。ブルームの登記所に記録が残っている。
えきは、村上より15歳年上であり、二人の間に子供はなかった。彼らの元で、ビジネスは発展した。彼らは、商品を輸入したり、卸売りしたり、小売業をしたりした。店は、写真スタジオとして、また、日本人居住者と真珠採取作業員のための銀行としての役割も担った。村上は、(日本人)コミュニティーのリーダーとなった。1907年12月の、年末休暇中、日本人とマレー人の作業員の間で、暴動事件が起き、彼は、二つのグループの友好回復に努めた。1911年ごろから、村上は財政難に陥った。1915年のローカル不況で、ダイバーや乗組員たちが、多くの預金を引き出すこととなり、彼は、ビジネスをたたんだ。それから、真珠採取業者A. C.グレゴリーは、利益の半分を分け合うと保障し、ダンピア・ホテルの経営のため、彼を雇用した。

※ 翻訳には、オーストラリア在住フォトジャーナリスト 金森マユが、協力してくれました。ありがとう!!
http://mayu.com.au/%e9%87%91%e6%a3%ae%e3%83%9e%e3%83%a6/
posted by 南 瑠霞 at 16:25| 和歌山 ☁ | TrackBack(0) | オーストラリアの日系人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

オーストラリア・ブルームに残る「村上ロード」

ロード.jpg
*英語版はこちら → http://kusimotorukaruka.seesaa.net/article/367233731.html

村上安吉。ブルームの日本人コミュニティのリーダーだった。
また、当時の伝説的真珠業者、アンセル・グレゴリーの友人であり、良きパートナーだった。村上とグレゴリーは、20世紀という時代が動き始めたブルームで、長く協力関係を築いた。人々の心が、新しい力で世の中を切り開こうと、野心と意欲に満ちていたころである。

1922年、村上とグレゴリーは、この近くにあるエントランス・ポイントという場所で、真珠の養殖をしようと、密かに計画を立てていた。それが町の人々に知られると、抗議の声が上がり、彼らの計画は終わりへと向かった。警官が、すべての設備を壊してしまったのである。オーストラリア初の真珠養殖計画は、こうして消え去った。
(*注:当時、人々は天然真珠の値が下がることを恐れ、養殖に猛反対した。)

日本が、第二次世界大戦に突入した時、村上は、ブルーム在住の日本人コミュニティとともに、抑留された(日系民間人捕虜となった。)。ブルームで過ごした後、ビクトリア州の抑留キャンプで、寒さと湿気に体を弱らせ、1943年病死。
(*注:村上安吉の死亡日は、別の資料で1944年と記されており、多くの証言もあることから、1944年と思われる。)

ブルームの町の、養殖真珠貝孵化場につながるこの道に、村上安吉の名前を記す。
(*注:養殖真珠貝孵化場=真珠養殖のための貝を、交配などで育成する場所。)



☆この記事は、オーストラリア在住、フォトジャーナリスト 金森マユに、文字だけではわからない、真珠養殖専門用語や地名などについて教えてもらい、翻訳しました。それによって、当時の時代背景や地元の様子が、初めてわかりました。ありがとう!!
(金森マユ「About Murakami」http://aboutmurakami.wordpress.com/) 
posted by 南 瑠霞 at 12:00| 和歌山 ☁ | TrackBack(0) | オーストラリアの日系人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

串本ブログ再開

手話パフォーマーで、手話コーディネーター、手話通訳士
南 瑠霞です。
ごくたまに、このブログに、串本に関する記事を書いていました。

自分のファミリーのことで、
話題がたまってきたので、
少し、オーストラリアに移住した、日系人の話を、
つづりたいと思います。

毎日は、頑張れないとは思いますので、
のんびり参りますが、
そうとは言っても、2015年は、戦後70年。
2次大戦前後の、オーストラリア日系人のこと、
少し、追いかけていければという気持ちです。

いつも、皆さん、ブログを見に来てくださって、
ありがとうございます。

橋杭岩.jpg
posted by 南 瑠霞 at 22:17| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリアの日系人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
るるかのおすすめリンク
手話 歌:手話パフォーマンスきいろぐみ 手話あいらんど 手話 教室 講座 ベビーサイン 教室 講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。