2013年10月22日

日本で最初にアメリカが来航した町〜串本

レディ・ワシントンMINI.png

この船、どこかで見たことがありませんか?
洋画ファンなら、ああ!!あれだ!
と思った方もいるかもしれません。
実はこれ「パイレーツ・オブ・カリビアン 〜 呪われた海賊たち」
で登場した海賊船のモデルで、実在する帆船なんです。
船の名は「レディ・ワシントン号」。

歴史の教科書では現在、
アメリカから初めて日本に来航したのは、
ペリーの黒船だ!!
ということになっていますが、
実は、それよりずっと前に、日本にやってきて、
友好を深めようとした船がありました。
それがレディ・ワシントン号と、
もう一隻のグレイス号でした。

ペリーの来航は、1853年ですが、
なんと、そこからさかのぼること62年前、
1791年3月に、
レディ・ワシントン号が、和歌山県串本沖にやってきて、
寄港した記録が、アメリカで見つかっているのです!!
実は、アメリカは、
19世紀、横浜に来るずっと以前に、
18世紀の和歌山県に上陸していたんですね。

それを記念して建てられた
「日米修好記念館」が、
和歌山県串本町にあります。

修好館.JPG

記念館によると、
レディ・ワシントン号は、17世紀後半、
太平洋を渡って、貿易を目的に、
中国やアジアの国にやってきたらしい。
その途中で立ち寄ったのが、和歌山県串本町大島。

レディ・ワシントン.JPG

来航.jpg

船には、カナダからの、毛皮をたくさん積んでいたようですが、
なにせ、ここは、日本の本州最南端。
温暖な地域で、
みんなが、毛皮に興味を示さなかったんだとか。汗&笑

水平線.JPG

日米修好記念館の上から見える景色は、空と海と豊かな緑。
レディ・ワシントン号と、グレイス号は、
この太平洋の水平線の向こうから、やってきた。

パンフ.JPG

日本で最初に、アメリカと出会った町、
和歌山県串本町。
世界遺産“熊野古道”などにお越しの際は、
ぜひ、足を延ばして、
広がる水平線を見に来てください。
posted by 南 瑠霞 at 10:56| 和歌山 ☀ | TrackBack(0) | 南 瑠霞の串本ばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378215474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
るるかのおすすめリンク
手話 歌:手話パフォーマンスきいろぐみ 手話あいらんど 手話 教室 講座 ベビーサイン 教室 講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。