2013年09月29日

エルトゥールル号の遭難

小学館から、本が出ました。
「エルトゥールル号の遭難」という本です。

本.jpg

1985年、イラン・イラク戦争が起きたとき、
現地の日本人たちを、ぎりぎりで脱出させてくれたのは、
トルコの飛行機でした。
トルコは、他国の戦争勃発時、ミサイルが飛び交う中、
なぜ、命のかかる危険な飛行を、
異国の日本人のために、決行してくれたのでしょうか?

そこには、120年以上も前、
日本 和歌山県沖でのエピソードが、
隠されていました。

貝.png

1890年、日本の天皇に会いに来た、
オスマントルコの使節団船、エルトゥールル号が、
帰りの航路、和歌山県串本沖で、遭難したのです。
9月と言えば、台風の季節。
嵐による高波と、激しい風雨が、船を襲ったのです。
そのとき、串本の人たちが、
海に沈みかけたエルトゥールル号から、
必死に、乗組員たちを助けたのだそうです。
私たちの先祖の、友情のお話が、この本に紹介されています。

航路.jpg
エルトゥールル号の航路

遭難地点(小).jpg
遭難地点

海.jpg
この海が、エルトゥールル号の遭難現場。
美しい海岸線ですが、多くの岩が切り立ち、
人が海に投げ出されたら、とても危険な場所です。
串本の人が、一刻も早く助けたい!と思った気持ちが、
わかります。

船.jpg
現在も、串本の沖では、
9月には、台風を避けて、大きな船が停泊していることがあります。


「エルトゥールル号の遭難」
寮 美千子(文)・磯 良一(絵)
小学館  1200円
posted by 南 瑠霞 at 10:24| 和歌山 ☁ | TrackBack(0) | 南 瑠霞の串本ばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376088440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
るるかのおすすめリンク
手話 歌:手話パフォーマンスきいろぐみ 手話あいらんど 手話 教室 講座 ベビーサイン 教室 講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。